医療法人みつや会 新八街総合病院|地域医療の充実をめざして

New Yachimata General Hospital

脊椎脊髄外科の情報

Category
手術方法について
手術方法について
頚椎疾患 頚椎椎弓形成術 腰椎疾患 腰椎椎弓形成および切除術 腰椎椎間板ヘルニア摘出術 腰椎後方椎体間固定術 LLIF(XLIF・OLIF) 脊椎疾患 椎体形成及びBKP
側方侵入腰椎椎体間固定術(LLIF)
手術方法について
側方侵入腰椎椎体間固定術(LLIF)は、特徴としてまず横向き(側臥位)から手術を行います。その後多くの場合いうつ伏せ(伏臥位)となって椎体の固定(椎弓screw挿入)を行いま...
頚椎椎弓形成術
手術方法について
頚椎症性脊髄症を呈する頚部脊柱管狭窄所見(頚部にある脊髄の通り道が狭くなる状態)のある疾患に対して、頚部後方から椎弓を切開してスペーサー(人工骨やチタンインプラント)を挿入し...
椎腰椎後方椎体間固定術(TLIF、PLIF)
手術方法について
腰椎や胸椎の脊椎疾患に適応となる手術です。すべり症や椎間孔狭窄などによる神経の圧迫を解除した後で、脊柱の安定性を保つため一部の椎間板を切除し、骨移植(自家骨や人工骨)とケージ...
腰椎椎間板ヘルニア摘出術
手術方法について
腰椎椎間板ヘルニアに対して、椎弓の一部を切除して脊柱管を広げ且つヘルニア摘出する方法を提示します。 腰部脊柱管狭窄症に対する腰椎椎弓形成および切除術を同様に行って脊柱管除圧し...
腰椎椎弓形成および切除術
手術方法について
主に腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、黄色靭帯骨化症や骨棘形成などによる脊柱管狭窄症に対する、腰椎部分の椎弓の一部を切除して脊柱管を広げ圧迫を解除する手術です。 広範囲に...
BKPおよび椎体形成
手術方法について
現在の日本において、介護が必要となった原因の約5分の1が骨粗鬆症に関連するといわれています。その原因の一つとして無視できないものが、骨粗鬆症性椎体骨折(osteoporoti...
脊椎椎体骨折(圧迫骨折)
疾患と治療について
原因・病態 比較的弱い外力によっても生じる骨粗鬆症によるもの(病的骨折の一種)や転移性骨腫瘍による病的椎体骨折、強い外力により生じる外傷性椎体骨折などがあります。圧迫骨折とよ...
脊椎脊髄外科
脊椎脊髄外科
脊椎脊髄外科について 脊椎脊髄外科とは、主に脊椎(骨)とその脊椎がつくる脊柱管や椎間孔の中を通る神経(脊髄や神経根)の病気に対する治療を専門的に行う診療科です。 脊椎は複数の...
頚椎症性神経根症
疾患と治療について
原因・病態 背骨をつなぎ、クッションの役目をしている椎間板は20 歳過ぎから変性(老化現象)が始まると言われています。 この変性が進むと椎間板にひびが入ったり、徐々に潰れてく...
頚椎症性脊髄症
疾患と治療について
原因・病態 背骨をつなぎ、クッションの役目をしている椎間板は20 歳過ぎから変性(老化現象)が始まると言われています。 この変性が進むと椎間板にひびが入ったり、徐々に潰れてく...
腰椎椎間板ヘルニア
疾患と治療について
原因・病態 椎間板は脊椎(骨)に加わる衝撃を緩和する、クッションの役割を担っています。 椎間板は中心部にゼリー状の髄核と呼ばれる柔らかい組織とその周囲の線維輪と呼ばれる丈夫な...
腰椎分離すべり症
疾患と治療について
原因・病態 スポーツを盛んに行っている、10代前半の成長期に多く起こります。腰の後ろにある弓状の骨(椎弓)に、腰を反らしたり、ひねったりするときに力が集中して、骨にヒビが入り...
腰椎変性すべり症
疾患と治療について
原因・病態 脊柱管は背骨、椎間板、関節、靱帯などで囲まれた神経(脊髄や馬尾神経、神経根)が通る管です。 生まれつき狭い方や形成異常を伴う方もいますが、多くは加齢とともに体を支...
腰部脊柱管狭窄症
疾患と治療について
原因・病態 脊柱管は背骨、椎間板、関節、靱帯などで囲まれた神経(脊髄や馬尾神経、神経根)が通る管です。 生まれつき狭い方や形成異常を伴う方もいますが、長い年月の間体を支えてい...