八街総合病院|地域医療の充実をめざして

Yachimata General Hospital

胃腸外科

胃腸外科

当院は八街市を中心とし近隣市町村などからの患者様を診療しています。外科では食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、乳腺などの疾患を対象とし、悪性疾患(胃癌、大腸癌など)から良性疾患(胆石症、ソケイヘルニア、痔など)まで様々な疾患を診療しています。外科の仕事は大別すると手術と検査になります。検査では胃カメラ、大腸カメラ、腹部エコー、乳腺エコー、腹部血管造影などを行っています。大腸癌検診(便潜血検査)後の大腸カメラでは内視鏡的ポリープ切除も積極的に行っています。内視鏡的胃瘻造設術も行っています。
手術に関しては、悪性疾患から良性疾患まで多様な手術を行っています。
(昨年度手術の疾患別内訳を参考にして下さい。)また予定手術だけでなく緊急手術に対応可能な地域中小病院の役割も担っており、近隣の医院、クリニックなどからの救急の紹介患者を積極的に受け入れています。
また当院は充実した透析施設を兼ね備えており、約70名程度の透析患者様が通院されています。透析導入前の内シャント手術も行っています。潰瘍性大腸炎やクローン病に対する白血球除去療法(GCAP、LCAP)、腹水濾過濃縮再静注CART、重症腹膜炎時のPMX、CHDFなどの透析治療も可能です。
癌治療に関しては診断、手術だけでなく、化学療法(抗がん剤)も積極的に行っています。緩和医療(ターミナルケア)にも取り組んでおり、他院からの紹介患者様も積極的に受け入れています。癌患者様への総合的な外科診療を目指し、地域医療に貢献できる様に取り組んで参りたいと考えております。

手術疾患別内訳<2016年内訳>

ここをタップして表示Close
疾患 手術内訳
胃癌 8例(胃切除 5例 胃全摘 2例 胃部分切除 1例)
結腸癌 18例
直腸癌 3例
膵臓癌 3例(膵頭十二指腸切除 1例 膵体尾部切除 1例)
胆管癌 2例
肝臓癌 2例
乳癌 1例
膵腫瘍 1例
胃肉腫 1例
小腸腫瘍 1例
膵炎後仮性嚢胞 1例
胆嚢結石 21例(腹腔鏡下手術 6例)
総胆管結石 8例
先天性胆道拡張症 1例
腸閉塞 4例
大腸穿孔 2例
小腸穿孔 1例
バイパス手術 1例
腸管内異物 1例
腹腔内膿瘍(大腸憩室炎) 2例
急性虫垂炎 3例
臍膿瘍 1例
縫合不全 1例
ソケイヘルニア 14例
腹壁瘢痕ヘルニア 2例
痔核 4例
皮下腫瘤 5例
外傷縫合 1例
内シャント造設術 13例

胃腸外科外来診療表

午前 8:30-11:30
吉永(有)
8:30-11:30
新井
休診日 8:30-11:30
矢野
8:30-11:30
新井
8:30-11:30
清野
休診日
午後 15:30-17:00
吉永(有)
15:30-17:00
新井
15:30-17:00
矢野
15:30-17:00
清野
15:30-17:00
清野

2018/4/1更新