八街総合病院|地域医療の充実をめざして

Yachimata General Hospital

脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科は主に頭部外傷、脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍などを診断治療する診療科です。その他にも顔面神経麻痺や三叉神経痛(顔の痛み)、てんかん、パーキンソン病、認知症なども他の専門科と連携しながら診療をしています。
具体的な症状としては、頭痛や顔面痛、めまい、けいれん発作、手足のしびれや半身の麻痺、言語障害や嚥下障害(ものが飲みにくい)、複視(ものが二重に見える)などの訴えのある患者さんの診療を行っています。また、当科では必要に応じて成田赤十字病院、千葉県がんセンターなどに紹介および医療連携を行っています。

脳卒中について

脳卒中は大きく脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血に分類されます。発症前の予防が重要で、脳卒中の既往、高血圧、糖尿病、高脂血症、心房細動などを指摘されている方は注意が必要です。クモ膜下出血の原因の殆どが、脳の血管に脳動脈瘤と言われるコブがあり、これが破裂することにより発症します。近年MRI、MRAの発展により動脈瘤を破裂する前に発見することが可能になりました。この動脈瘤を治療により処理することによりクモ膜下出血を回避することがようになりました。

回復期リハビリテーション病棟について

当院は回復期リハビリテーション病棟が設置されています。脳血管疾患、整形疾患等の患者さんに対して日常生活能力の向上及び自宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行う病棟です。医師をはじめ看護師、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカーなどが共同でリハビリテーションを行い、患者さんの状態や家庭環境を踏まえて早期の社会復帰を目指しています。

脳神経外科外来診療表

午前 8:30-11:30
本島
休診日 8:30-11:30
日比谷
8:30-11:30
パート医師
(第2・4週)
休診日
午後  14:30-16:00
本島
日比谷(予約制)

2018/6/2更新